【コーヒーカクテル】大人が喜ぶコーヒーの4つのお酒レシピ

ストレートコーヒーをブラックで飲む。これぞコーヒー通の王道です。でもたまにはお洒落に、コーヒーカクテルなどはいかがですか?また一つ、生活の中でのアクセントが増えるかもしれません。






1)コーヒーカクテルとは?

コーヒーカクテルとは、ホット、アイスで淹れたコーヒーに、ウィスキーやリキュールを加えた飲み物です。お酒と共に飲むコーヒーは、夜に素敵な時間を演出し、大人の飲み物にふさわしいです。

【1】コーヒーカクテルの色々なレシピとは?

コーヒーカクテルはホット、アイス両方楽しめ、バリエーションも豊富です。お好みのレシピを見つけ、コーヒーカクテルを楽しんでください。

【2】コーヒーカクテルって簡単で美味しい?

コーヒーカクテルは、コーヒーに混ぜる材料さえ揃えば、そんなに難しいものではありません。

普段のコーヒーライフにアクセントを加える、美味しい大人の飲み物です。

【3】コーヒーカクテルを作る時のお酒の種類って?

(1)ウイスキー

大麦、ライ麦、トウモロコシなどを原料とした蒸留酒です。アルコール度数は比較的高く40度前後のものが多いです。

(2)ブランデー

果実酒から作った蒸留酒の総称で、主に白ワインを蒸留して樽に入れて熟成されています。アルコール度数は40~50度です。

(3)リキュール

蒸留酒(スピリッツ)にハーブなどで香りを付け、シロップや着色料などを添加した混成酒です。

(4)ワイン

主に、ブドウの果汁を発酵させて作るアルコール飲料。葡萄酒。白、ロゼ、赤などがあります。

(5)ウォッカ

大麦、小麦、ライ麦、ジャガイモなどの穀類を原材料とした蒸留酒。ロシア、東欧、北欧、中欧圏で製造されています。

アルコール度数は非常に高いものもあり、現在では95度のものまであります。

(6)ラム

サトウキビを原材料とした蒸留酒。色によって、ホワイトラム、ゴールドラム、ダークラムに分類されます。

コーヒーカクテル

2)コーヒーカクテルは、どんなお酒を使用するか?

【1】アイリッシュウイスキー

アイルランド共和国および北アイルランドで生産される穀物を原料とするウイスキーウィスキーです。

コーヒーにウィスキーといえば、このアイリッシュウィスキーですね。滑らかな味わいで、スモーキーフレーバーのない所がスコッチウィスキーとの違いです。

【2】V.S.O.P

Very Superior Old Pale の略ですね。ブランデーの等級の一つで、20~30年または25年~30年物です。コーヒーカクテルに使用する場合はV.S.O.Pの指定はあまりなく、お好みのブランデーで良いでしょう。

【3】シェリー酒

白ワインから作られる、醸造過程でアルコール(酒精)を添加された酒精強化ワインです。酒精には多くはブランデーが使われます。

【4】赤ワイン

説明する必要のないほど日本においても愛飲されているお酒ですが、コーヒーカクテルに使うには赤ワインが多いようです。

【5】コアントロー

フランス産のリキュールの一つで、無色透明でオレンジの皮や葉などで風味をつけたお酒です。

3)コーヒーカクテルの作り方

コーヒーカクテルと一口で言っても、ホット、アイス、両方ありますし、ブレンドするお酒も上記のように色々です。また、使用するコーヒーもレギュラー、エスプレッソなどあるのですが、ここでは代表選手としてアイリッシュコーヒーを例に挙げて、コーヒーカクテルの作り方を簡単にご説明します。

【1】STEP1:温めたカップに砂糖(ブラウンシュガー等)を10~20グラム入れます。
【2】STEP2:アイリッシュウイスキー20cc投入!
【3】STEP3:お好みのコーヒーを150ccほど注ぎます。
【4】STEP4:仕上げはお好みでホイップクリームなどを浮かせても良いでしょう。

ウィスキーの種類をスコッチにすると、「ゲーリックコーヒー」。バーボンにすると、「ケンタッキーコーヒー」となります。

コーヒーカクテルにレモンを入れる

4)コーヒーカクテルのオリジナルアイディアレシピ4選

古くからある、スタンダードなコーヒーカクテルももちろん良いものですが、ここは一つご自分で工夫をして、オリジナルなコーヒーカクテルを試してみるのも面白いでしょう。

ここでは参考までに、幾つかのオリジナルコーヒーカクテルをご紹介します。

【1】アイディア1:「サンセット」(★★★★★)

コーヒーにガムシロとラムを入れて、混ぜる。氷を入れオレンジジュースをマドラーにつたわせて少しずつ表面だけに乗るように入れる。最後にオレンジの輪切りをオン。

【2】アイディア2:「カフェ・ジャマイカ」(★★★★★)

コーヒーにガムシロとダークラムを入れ、水を入れながら味を整える。レモンの輪切りと氷を加えたら出来上がり。

【3】アイディア3:「アイス・ラム・カフェオレ」(★★★★☆)

シェイカーにコーヒー100cc牛乳100ccバカルディーラム60ccオレンジキュラソー10ccシロップ30cc全て入れてシェイク!グラスに注ぎ、氷を入れシナモンを適量振って出来上がり。

【4】アイディア4:アイスコーヒー適量牛乳適量、ウィスキー適量ガムシロップまたはオリゴ糖適量を、よくかき混ぜて出来上がり(★★★★☆)

5)コーヒーカクテル アイスでもホットでも大丈夫?

もちろんコーヒーカクテルは、ホットでもアイスでも両方楽しむことができます。

【1】アイスで1:「カフェ・アレキサンダー」

アイスコーヒー120ccクレームドカカオ(リキュール)10ccをグラスに注ぎいれ、軽く混ぜる。最後にホイップした生クリームをコーヒーの上にそっと乗せて出来上がり。

【2】アイスで2:「モヒートコーヒー」

グラスにミント数枚、蜂蜜10cc、ラム15ccを入れ、ミントをつぶしてから氷を適量入れ、炭酸水を静かに適量、アイスコーヒーを適量注いで出来上がり。

【3】ホットで1:「カフェ・プッチ」

大き目の耐熱グラスにラムとアマレット(リキュール)を注ぎます。ホットコーヒーを加えて軽く混ぜ、ホイップした生クリームを少量乗せて出来上がり。

【4】ホットで2:「ジャマイカン・マジック」

温めたグラスにダークラムとティア・マリア(コーヒー・リキュール)を注ぎ、ホットコーヒーを注ぎ軽く混ぜる。最後にホイップした生クリームを飾り付けて出来上がり。

6)コーヒーカクテルのお酒のオススメは?

【1】オススメ1:アイリッシュウィスキー

「アイリッシュコーヒー」はコーヒーカクテルの代表格です。1940年代後半、アイルランドで考案されたこのコーヒーカクテルは、冷えた身体を温めるには最適です。

【2】オススメ2:ラム

ラムを使ったコーヒーカクテルも多数ありますが、「ラムコーヒー」はご存知ですか?これは挽いていないコーヒー豆をラム酒の中に氷砂糖と一緒に入れ、三週間ぐらい漬け込み、コーヒーのエキスをラムの中に溶かし込んだものです。

または簡単にアイスコーヒーのなかに、ラムを適量入れて飲むのも、なかなかなものです。

【3】オススメ3:ブランデー

ここで超有名コーヒーカクテル「カフェ・ロワイヤル」の登場です。濃い目に淹れたコーヒーのカップの上に、専用のロワイヤルスプーンを渡し、角砂糖一つを乗せます。

そして角砂糖にブランデーを注いで染み込ませ、火をつけます。角砂糖が溶け出したところでコーヒーにそれを落とし、かき混ぜて飲みます。炎は青く淡いので、部屋の照明を薄暗くしたほうが、雰囲気が出るでしょう。

このコーヒーカクテルは、かのナポレオンが愛飲したことでも知られています。

【4】オススメ4:シェリー

フランスで飲まれているコーヒーカクテル、「カフェ・ブルボン」(田舎風コーヒー)をご存知でしょうか。
温めたカップにフレンチコーヒーを注ぎ、シェリー酒を数滴。後はお好みの分量の砂糖を加えるだけ。

この超簡単コーヒーカクテル「カフェ・ブルボン」にはミルクは一切加えません。是非一度お試しを。

コーヒーカクテルのメニュー

7)コーヒーカクテル簡単メニューは?

【1】カシスコーヒー

グラスにカシスのリキュールを入れて、氷とアイスコーヒーを注いで出来上がり。割合は1:4ぐらいがオススメ。

【2】ジャマイカ・クーラー

クラッシュアイスを入れたグラスに、アイスコーヒー150ccとダークラム20ccを入れたら出来上がり。お好みでレモンの皮を入れても美味しいでしょう。

【3】コーヒー焼酎or 焼酎&コーヒー

この組み合わせはなぜか最高に相性ピッタリ。前述のラムコーヒーの焼酎バージョンですね!

【4】コーヒーグロッグ

ホットコーヒーにラム大匙1、角砂糖1、バター小匙1。北欧で人気です。

8)コーヒーカクテルに関するQ&Aコーナー

【1】コーヒーカクテルがディズニーで飲めますか?

ディズニーランドでは、基本的にアルコールはご法度です。しかしディズニーシーの方では、ホットコーヒーカクテル(キャラメル)という、甘いコーヒーカクテルが飲めます。

【2】コーヒーカクテルって強いお酒ですか?

ブレンドするお酒はウィスキーやラム酒という、アルコール度数の高いお酒ですが、コーヒーカクテルの主役はあくまでもコーヒーなので、それほど強いお酒というわけではありません。

【3】コーヒーカクテルを作る時の器具は何を使いますか?

「カフェ・ロワイヤル」などは、特殊な形状をしたスプーンを使ったりしますが、一般的にコーヒーカクテルの場合は、さほど特殊な器具を使わないので、ブレンドするお酒さえ用意できれば、どれも比較的簡単にできると思います。






まとめ

コーヒーカクテルとは、コーヒーに酒類を加えた飲み物です。加える酒類は、ウィスキー、ブランデー、ラム、ワイン、その他のリキュールなど、世界中のお酒で楽しむことができます。

作り方は意外と簡単で、特別な道具もほとんど必要なく、必要な酒類を加えれば、誰でも簡単に作ることができます。また、アイスでもホットでも楽しむことができるので、一年を通じて美味しいコーヒーカクテルを楽しめます。普段のストレートコーヒーとは別に、時々は雰囲気のある大人のコーヒーを楽しむのも良いですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です