コーヒーを飲む時間で効果が変わる?シーンの5大効果

体にとって嬉しい効果がたくさんあると注目され始めたコーヒーですが、コーヒーは飲む時間によって様々な効果・メリットが違ってくることがわかっています。では、コーヒーを飲む時間で美容や健康のために効果的なのはいつなのでしょうか?






1)コーヒーっていつ飲むの?

コーヒーはどの時間帯に飲むことが多いでしょうか?コーヒーを飲む時間、意識して見ましょう。

【1】コーヒーはいつ飲むのが良い?コーヒーと時間の関係性とは?

日本人も食後にコーヒーを飲む習慣がある人は増えてきてきました。コーヒーを飲む時間帯についての調査によると、コーヒーは食後に飲む人が圧倒的に多いのです。

その他はお昼のリラックスタイム、寝起きと続きます。しかし、寝起きや空腹時にコーヒーを飲むと胃粘膜を弱らせる可能性があります。

【2】コーヒーを飲む時間帯での効果とは?

コーヒーを飲む時間帯で、コーヒーの効能や効果は変わってきます。まずはざっくりの時間帯でご紹介しますね。

(1)食後:リラックス効果が高まっている。胃腸の働きが促進されて、食べ物の消化吸収がよくなる。新陳代謝が活性化され、美肌になる。

(2)食前:お腹が満たされるため、食事の量が減る。胃粘膜を荒らす。

(3)お昼のリラックスタイム:リラックス効果。安心効果。

コーヒーに含まれるカフェインの効果は4~5時間続きます。カフェインには覚醒効果もありますので、夜8時以降のコーヒーは睡眠に影響しないためにも出来るだけ控えるようにしましょう。

【3】コーヒーとサプリの相性は?良いor悪い?

コーヒーとサプリって飲み合わせや相性に良いものや悪いものがあるのでしょうか?

(1)基本的にサプリメントは水で飲みましょう

サプリメントはお薬ではないので、コーヒーで飲んで良いだろうと思っている人は多数いますが、それは間違いです。

サプリメントを飲むときは、基本的に200ccほどの常温のお水、または白湯で飲むようにしましょう。コーヒーに含まれるカフェインは、サプリメントの栄養の吸収を妨げる可能性があります。

(2)ビタミンサプリはコーヒーで飲まないこと!

ビタミン系が配合されたサプリメントは、コーヒーで飲まないようにしましょう。コーヒーに含まれるカフェインが、サプリに含まれるビタミンなどの栄養素が吸収されずに、カフェインと流れて排出してしまう可能性が高いのです。

せっかく摂取したビタミン類が吸収されずに流れてしまっては勿体無いので、サプリメントはコーヒーで摂取しないようにしましょう。

(3)サプリによっては全く効き目がなくなるものも?!

コーヒーとサプリメントを同時に摂取することは、化学反応が起こり場合によってはサプリメントの栄養素を全く別のものに変化させてしまう場合もあります。
これではサプリメントの本来の目的ではなくなってしまいます。サプリメントはお水で飲むようにしましょう。

ビスケットとコーヒー

2)コーヒーと一緒に飲んで良いの?相性の良いもの&悪いものって?

コーヒーと相性の良いものと悪いものをご紹介します。

【1】コーヒーとサプリメント

コーヒーとサプリメントの相性は悪いです。サプリメントをコーヒーで飲むと、サプリメントの栄養が吸収されにくくなります。サプリメントはコーヒーで飲まないようにしましょう。

【2】コーヒーとお菓子

コーヒーとお菓子の相性は良いです。コーヒーのお供にお菓子を食べる人も多いでしょう。コーヒーを飲みながらお菓子を食べると、適度に満腹感を味わえますので、お菓子を食べ過ぎることもありません。

コーヒーとお菓子の組み合わせはとてもオススメです。

【3】コーヒーと薬

サプリメントと同様に、コーヒーと薬の組み合わせも絶対にNGです。医薬品はサプリメントよりももっと繊細ですので、使用側もきちんと気をつけましょう。

病院の薬だけでなく、市販薬の胃腸薬、風邪薬、解熱鎮痛剤などもコーヒーと同時に飲むことはやめましょう。

3)コーヒーと睡眠の関係とは?

コーヒーは眠気覚ましに飲むというイメージがある人も多いのではないでしょうか?コーヒーと睡眠には具体的にどんな関係があるのかご説明します。

【1】アデノシンについて

脳の中にある睡眠物質アデノシンは、ギャバ物質を通して睡眠の中枢、神経細胞に働きかけ、眠りに誘導します。アデノシンは起きている時間と比例してどんどん増えます。

【2】コーヒーに含まれるカフェインの作用

カフェインは、アデノシンが神経細胞に作用して眠りへ誘導するのを邪魔して、眠気を覚ましていく作用があります。

しかし完全に覚醒させるわけではありません。カフェインの興奮作用がアデノシンよりも優勢になるというだけで、カフェインの効果が切れるとすぐに眠くなってきます。

【3】コーヒーの飲み過ぎ=カフェインの大量摂取に注意!

カフェインを摂取し過ぎるとダルくなることも…

カフェインには利尿作用があるので、大量に摂取するとその分どんどん尿も作られ排尿します。すると体は脱水症状になり、だるさややる気がなくなってしまい、次第に眠気が襲ってくるのです。

4)コーヒーをいつ飲むのが良い?時間帯によって変わる良いこととは?

【1】アイディア1:食後にコーヒー:オススメ度(★★★☆☆)

食後にコーヒーを飲む人は多いのと思いますが、食後のコーヒーはリラックス効果とともに、美容や健康面にもメリットが多いのです。

・ダイエット効果がある

コーヒーに含まれるカフェインが、ダイエットに有効な酵素「リパーゼ」を活性化するため、脂肪分解が進みダイエットに適しています。

・エネルギー消費を高める

カフェインは自律神経に働きかけて、エネルギー消費を高めてくれるので、食後に飲むことはカロリー消費を促進してダイエット効果が期待できます。

【2】アイディア2:午前11時にコーヒー:オススメ度(★★★★☆)

朝早い起きたばかりの時間は、実は体がカフェインを求めていないと言われます。これは目覚めとともに体がコルチゾールホルモンを分泌し始めて、体を起こしていくのです。

だんだん体が動き出し、ちょうど午前9時30分~11時くらいに一旦エネルギーが落ち始め覚醒状態が弱まり始めます。そのタイミングでコーヒーを飲むと、カフェインの覚醒作用でまたエネルギーが回復してくるのです。

【3】アイディア3:眠ってはいけない時間の少し前に!オススメ度(★★★★★)

カフェインが体に作用するには、早い人で15分、遅い人で60分ほどかかります。眠ってはいけない時間が13時だとすると、12時過ぎにコーヒーを飲むと、目を覚ますのに効果的です。

ベストなのは、眠ってはいけない時間の45分前にコーヒーを飲み20分仮眠することです。するとちょうど良い時間に目覚めることが出来るでしょう。

【4】アイディア4:午後3時:オススメ度(★★★☆☆)

いわゆる午後3時はおやつの時間ですが、11時にコーヒーを飲んだ場合、カフェインの効果が切れる午後3時にコーヒーを飲むと、次の覚醒を促してくれるので午後の仕事が捗るでしょう。

【5】アイディア5:運動をする30分前:オススメ度(★★★★☆)

コーヒーに含まれるカフェインが、ダイエットに有効な酵素「リパーゼ」を活性化するため、脂肪分解が進みダイエットに適しているとご紹介しましたが、この作用を活用し運動をする30分前にコーヒーを飲むようにすると、運動によりさらに脂肪分解を促進してくれます。

ダイエットのためには、運動する30分前にコーヒーを飲むようにしましょう。

コーヒーとドーナツ

5)コーヒーと食事の関係

食事のお供にコーヒーを飲む習慣がある人は多くいます。食前・食後・食間、どのタイミングがコーヒーを飲むのに適しているのでしょうか?

【1】食前に飲むと?

コーヒーを食前に飲むという人も少なくありません。特にダイエットをしている人は、コーヒーを食前に飲むことで、少しお腹が満たされて食事の量が減るというメリットがあります。

しかし空腹時にコーヒーを飲むことは、胃粘膜を荒らす可能性も高いため、胃が弱い人は食前にコーヒーを飲むことは控えましょう。

【2】食後に飲むと?

コーヒーは食後に飲む方が絶対にオススメです。食後のコーヒーは脂肪分解を促進するなど、ダイエットや美容にも効果的です。

【3】食間に飲むと?

食間にコーヒーを飲む人も多くいます。食間のコーヒーは眠気覚ましをサポートしてくれます。午前中は11時、午後は3時にコーヒーを飲むと良いでしょう。

6)コーヒーを飲む時間帯の注意点とは?

コーヒーを飲む時間帯についてはいくつか気をつけなければならない点があります。コーヒーを飲む時間帯には、体の作用として避けたい時間があるのです。

【1】午後12時~1時

人には眠い時間と眠くない時間がありますが、これはストレスホルモンの量が関係しています。ストレスホルモンの量が増えると、体は覚醒しています。午後12~1時の間はストレスホルモンの量が増えるので、さらに覚醒を促すコーヒーを飲まないようにしましょう。

【2】夕方5時半~6時半

再びストレスホルモンの量が増える時間です。コーヒーは飲まないようにしましょう。

【3】就寝時間6時間前

カフェインの効果は4~5時間持続します。寝つきが悪くなることや、睡眠中の眠りを妨げることになる可能性がありますので、就寝時間の6時間前にコーヒーを飲むことはやめましょう。

コーヒーを飲む女性

7)コーヒーを飲む時間帯での効果とは?

コーヒーを飲む時間帯で、体に作用するものや効果は違ってきます。

【1】寝起きにコーヒーを飲む

朝起きたらすぐにコーヒーを飲むことは体のためには良くありません。私たちの体は起床時からコルチゾールホルモンが分泌され始めますが、そこでカフェインを摂取すると「コルチゾールホルモンがいらないかも」と体が判断して、自らコルチゾールホルモンを分泌することを辞めるようになります。

すると、カフェイン無しでは起きられないと思うようになり、次第にカフェイン依存症になるのです。

【2】午前中に飲む

コーヒーを午前中に飲むことは、眠気覚ましのためにはとても効果的です。午前中も9時半から11時の間が血液中のコルチゾールホルモンの分泌量が低下してくるので、コーヒーを飲む時間としてはベストでしょう。

【3】午後に飲む

同じくコーヒーを午後に飲むことも眠気覚ましのためには効果的です。オススメな時間帯は午後3時です。

8)コーヒーを飲む時間に関するQ&Aコーナー

【1】コーヒーを飲む時間で変わるメリットとは?

コーヒーには消化促進や覚醒作用の他に鎮痛作用があります。風邪薬などの成分にもカフェインが入っているように、カフェインによって血管収縮が起こり、痛みが和らぎます。頭痛がし始めたらすぐにコーヒーを飲むようにすると効果的です。

【2】コーヒーを飲む時間で変わるデメリットとは?

コーヒーは食後に飲むと消化促進されダイエットに効果があるなどのメリットがありますが、空腹時に飲むと胃に負担がかかり胃粘膜を荒らす可能性があります。胃の調子が悪い時や胃炎の時にはコーヒーを控えるようにしましょう。

【3】コーヒーで貧血になる?

鉄分の少ない女性や貧血気味の人は、コーヒーの過剰摂取で貧血を起こしやすくなります。1日に何杯もコーヒーを飲むことは控えましょう。

【4】コーヒーをのむ時に一緒に取ると効果的なものは?

コーヒーを飲むときに、ショウガやハチミツを入れて飲むと、代謝が高まり体を温める効果があるのでオススメです。またコーヒーにミルクを入れるカフェオレも、ミルクに含まれる乳糖が腸内細菌のエサになるので、腸内環境が整い便秘対策に効果的です。






まとめ

コーヒーを愛飲している人は、コーヒーを飲む時間に意識することで、コーヒーの効能を最大限に発揮することが出来るようになります。コーヒーに含まれるカフェインの効果や持続時間を計算すると、コーヒーを飲むのに適した時間は「朝11時と午後3時」がベストになります。

コーヒー好きさんもそう出ない人も、コーヒーを上手に取り入れながら1日通して元気に活動できる体に整えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です