脂肪分解に効果が?コーヒーと脂肪の3つの深いメカニズム

コーヒーがただ単純においしくて、飲むことを楽しみにしている人は多いでしょう。しかしコーヒーを飲むメリットを詳しく理解して飲んだ方が、よりコーヒーを好きになり、楽しめますね。今回は「コーヒー」と「脂肪」との関係について詳しく調べてみました。 “脂肪分解に効果が?コーヒーと脂肪の3つの深いメカニズム” の続きを読む

インドネシアで誕生!スマトラ式コーヒーが美味しい3大理由

コーヒーは世界で最も愛飲されている飲み物です。コーヒーは、コーヒーベルトと呼ばれる北回帰線と南回帰線の間の約70カ国でコーヒーの生産が行われています。コーヒーは産地と豆の種類で味が変わります。キリマンジャロ、コナコーヒー、ブルーマウンテン、モカ、グアテマラ、マンデリン、トラジャ、ジャワコーヒーとコーヒーの種類は様々です。今日はその中でもスマトラ島のマンデリンコーヒーに注目してみましょう。 “インドネシアで誕生!スマトラ式コーヒーが美味しい3大理由” の続きを読む

コーヒーとココアで満喫!ココア入りコーヒーのご紹介

ホットココア

コーヒーが苦手な人は、お砂糖やミルクをたくさん入れて飲むことが多いかもしれませんが、そんな時はコーヒーにココアをいれることで苦みを抑えて飲みやすくなります。今回はココアやココア入りのコーヒーの種類や健康効果ついてご紹介します。 “コーヒーとココアで満喫!ココア入りコーヒーのご紹介” の続きを読む

美肌に効果的なコーヒーの種類と飲み方7つのチェック項目

コーヒーカップ 持つ

休憩時間にコーヒーを愛飲している人は多いですが、実はコーヒーには美肌効果があることで注目されています。普段飲んでいるコーヒーでなぜ美肌になれるのでしょうか。コーヒーと美肌の関係と、コーヒーの成分や栄養素について詳しく説明して行きます。 “美肌に効果的なコーヒーの種類と飲み方7つのチェック項目” の続きを読む

【エスプレッソ大国】イタリア流コーヒーの楽しみ方解説

カフェ コーヒー 女性

エスプレッソと言えばイタリア。コーヒーを語る上で、イタリア人とコーヒー文化は避けて通れない道です。苦いエスプレッソが主流のイメージですが、イタリアでは飲み方もさまざま。コーヒーはイタリア人の生活に密着し、深く愛されています。 “【エスプレッソ大国】イタリア流コーヒーの楽しみ方解説” の続きを読む

コーヒーマニアは水選びから違う!知っておきたい5つの水のコト

もっと自分好みの味を追求したい、自分で淹れたコーヒーを楽しみたいという時、とことんこだわりたいのが「水選び」。豆の種類や焙煎の他に、今まで知らなかった水とコーヒーの関係を探っていったら、コーヒーのさらなる美味しさが見えてくるかもしれません。 “コーヒーマニアは水選びから違う!知っておきたい5つの水のコト” の続きを読む

【エコ生活】実は超使える!コーヒーの出がらしの使い道4選

現在、世界で1番飲まれている飲み物だと言っても過言ではないコーヒー。日本でもコーヒー飲料は大人気です。さて、今回はそんな「コーヒー」を淹れたあとに残るもの「出がらし」についてです。ちょっと「もったいないな」と思ったことはありませんか? “【エコ生活】実は超使える!コーヒーの出がらしの使い道4選” の続きを読む

コーヒーに糖質は含まれない?コーヒーの糖質分解メカニズムとは

コーヒーカップ 女性

巷でうわさの糖質制限ダイエット。そのダイエットサポートにコーヒーが効果を発揮するとなれば、ぜひ試してみたいところですね。そこでまずは、普段飲んでいるコーヒーの糖質量から調べてみましょう。コーヒーと糖質の関係について詳しくご紹介します。 “コーヒーに糖質は含まれない?コーヒーの糖質分解メカニズムとは” の続きを読む

中南米のコーヒー大国!グアテマラの魅力を徹底解説

コーヒー豆 持つ

グアテマラ産のコーヒーが、実は日本と関係が深いことをご存知ですか?この国の持つ歴史的背景、環境はコーヒーの味と同様に、独特であり深く芳醇です。今回は地方別の特色や製法、国としての取り組み、様々な等級分けの仕方などをまとめます。 “中南米のコーヒー大国!グアテマラの魅力を徹底解説” の続きを読む

コーヒーに最適な温度は85度?美味しく淹れるコツ4選

コンビニやカフェ、インスタントなど、私たちがコーヒーを楽しむための環境は日々進化しています。今回ご紹介するのは、『美味しくコーヒーを入れる方法』について。その中でも「ドリップ」をテーマに、茶器や焙煎度、「抽出温度」などについてまとめました。






1)自宅でコーヒーを淹れる時に気をつけること

自宅で「美味しいコーヒーを淹れる」ために大切なことは、お家だからこそ忘れがちな部分にあるかも知れません。以下の4つのポイントをチェックしてみましょう。


【1】「挽きたての豆」を使っていますか?

コーヒー豆はとてもデリケートな性質です。湿度や、周辺の環境に影響されやすく、挽いた時から徐々に劣化が進んでしまうのですが、自宅でコーヒーを楽しむ場合、これを逆手に取り「挽きたての豆を使う」ことが美味しいコーヒーを淹れる為の重要なポイントになります。これによって、香りや風味が損なわれるのを防ぐことが出来ます。

【2】豆の量に注意していますか?

コーヒーを抽出する場合、豆の量が多いと味は濃くなり、少ないと味は薄くなりやすいと言われています。まずは、少ない豆だと「美味しいコーヒー」になり辛いということを、覚えておきましょう。

【3】お湯の温度は適切ですか?

コーヒーを淹れる際は、お湯が沸騰している状態ではなくそこから少し冷ましたものを使うと良いでしょう。具体的な温度としては、80度から95度の間ですが、グラグラと煮えたった状態ではなく「一呼吸置いた」ものを意識してください。適温のお湯を冷たいカップに注いでしまうと湯温が下がってしまいますので、茶器を温めておくのも大切ですね。

【4】抽出時間は合っていますか?

「時間を計る」と、ドリップ抽出の良さをより引き出すことが出来ます。その時間とは「お湯を注ぎ始める」瞬間から「ドリッパーで落としきるまで」を指します。だいたい2分30秒から3分の間で行うのがオススメです。使う豆の種類や、出したい味のイメージによっても加減が変わって来るので、抽出時間はご自身のこだわりを表現するポイントになります。

コーヒーのドリップ

2)これだけは用意したい道具6つ

コーヒーを「ドリップ」するためのフィルターとして「ペーパー」と「ネル」の2種類があります。今回は「ペーパードリップ」について、6つの道具をご紹介します。

【1】ドリッパー

取っ手のついたカップとソーサーのような形をしていて、底に1つ、または3つの穴が開いている道具です。色々な材質、サイズのものが販売されており、ほとんどが「メリタ(1つ穴)式」と「カリタ(3つ穴)式」のどちらかに分けることが出来ます。

【2】ドリッパーに合うペーパー

厚手の紙を扇形に成形したフィルターです。一般的に「白」と「茶色」のものが販売されていますが、これは酸素漂白されたものと、そうでないものの違いです。必ずドリッパーの対応人数に合わせたサイズを使うようにしましょう。

【3】ドリップ用ポット

銀色で、注ぎ口が細長くなっているポットのこと。「ドリップポット」というと基本的にこの形のものを指します。お湯の入ったポットを持ち、的確にドリッパーに注ぐには意外と力が要るため、長い注ぎ口によって手元を極力ぶらさずに扱える構造になっています。

【4】ミル

コーヒーを豆のまま購入した場合、「豆を挽く」ために必要になります。手動で付属のハンドルをクルクルと回して使う「手挽き式」と、スイッチを押すだけの「電動式」に分けられます。手挽きは時間がかかり挽きムラが出やすい、電動式は挽く際に多少熱が加わりやすいなどの個性がありますので、シーンによって使い分けたいですね。

【5】スケール

正式には「コーヒースケール」と言います。最近ではきちんとした「計量」がハンドドリップにおいても見直されていて、豆のグラム数から抽出の時間までを一括管理出来るような高性能の「はかり」が登場しました。見た目は、コンパクトな体重計かのようなデザインのものが多いです。また、スマホと連動してデータを採取出来るものも販売されています。

【6】温度計

抽出時間によってコーヒーの味は大きく変わります。それは酸味成分ほど溶けだしが早く、苦み成分はそれに対して時間がかかるから。つまり銘柄や焙煎度、挽き方に対する「自分の好み」が決まってきたら、「温度」によって酸味、苦みどちらの味わいをより強く出すか、または抑えるかを調整することで、更に「美味しいコーヒー」に近づけることが出来ということですね。

コーヒー豆とコーヒーミル

3)挽きたての豆を使うのが良い理由

【1】香りや風味の減少を抑える

豆を挽いて粉状にすると、表面積が増え湿気を吸いやすくなり酸化が進みやすくなります。そのため挽いたままの状態で放置すると、粉状になっている豆はまたたく間に劣化してしまうのです。

【2】酸化するスピードを遅くする

豆を挽いた状態でしばらく放置すると、香りと共に二酸化炭素が抜け出てしまいます。そうなってしまうと、ドリップのときに豆がお湯を含んでふっくらと膨らむことが出来なくなり、どんなに希少で高価な銘柄であっても「美味しいコーヒー」にはなりません。少しでも豆の酸化を遅らせるために、必ず「密閉容器」で保存するようにしてください。

【3】おすすめのミルとグラインダー

広い意味で「ミル」と「グラインダー」に違いはありません。しかし、英語の訳として見てみると「粉砕機」なのは共通ですが、「研磨機」と「製粉機」という微妙な違いを持っています。そのため、どちらかというと「グラインダー」と呼ばれる機械は、エスプレッソなどの細挽きに向いた構造になっています。

初心者であれば、スパイス類にも使えるハリオの「セラミックミル」などがオススメ。水で丸洗いが出来ますので、メンテナンスがとても楽なのが魅力ですね。またドリッパーの項目でもご紹介したメリタのグラインダー「セレクトグラインド」なども根強い人気です。

4)豆の量や挽き具合も大きなポイント

【1】おススメの豆の量

1人分でも12g~18g。少ないと美味しくならない理由とは何でしょうか。使用するコーヒー豆に対して、お湯の量が多くなれば味は薄くなり、少なければ濃くなります。また、挽き具合によっては「計量した重さが同じ」でも、「粒子の細かい方が成分なども濃く出ていく」ことになります。

「美味しいコーヒー」を淹れるためには「薄い」コーヒーを抽出しないのが、まず最低限気を付けられるポイントなのです。まずは基本のレシピとして、1人分の豆の量に対し100ccから120ccくらいを目安にドリップをしてみましょう。

【2】挽き方の目が細かいと「苦く」なる

一般的に「細挽き」は、「エスプレッソ」などの飲み方に向きます。ペーパードリップではここまで細かいものは使いませんが、細かければ細かいほど味が抽出されやすいため、同時に苦味や雑味も出やすくなります。

【3】挽き目が荒いと「さっぱり」する

一方「粗挽き」はパーコレーターなどで使われ、細挽きと同様にペーパードリップには適しません。ざらめ砂糖くらいの粒子なので「パーコレーターで煮立てる」場合などに向いています。

コーヒー豆

5)お湯の温度で、こんなにも味が変わるの?

【1】80℃~85℃の低温でドリップした場合

酸味が強く出る傾向があるので、深煎り豆との相性が良いです。

【2】86℃~92℃の中温でドリップした場合

味のバランスが良い温度とされています。豆の粒子によって好みに近づけることが可能です。

【3】93℃~98℃の高温でドリップした場合

苦味や渋みが出やすくなります。浅煎り豆と相性の良い温度です。

6)落とし方と抽出時間の関係性って?

【1】蒸らし時間は、20秒から30秒

ドリップの際は「蒸らし」時間をしっかりと取ること。蒸らすタイミングは、ドリップの最初です。

コーヒー豆には、焙煎後に小さい空洞が出来ます。そこにお湯が注がれ入っていくことで、粉の中の炭酸ガスを押し出します。これがいわゆる「コーヒーの粉が膨らむ」現象の正体であり、お湯の中にコーヒーの成分が溶け出し、深い味わいが出るという仕組みです。20秒から30秒しっかり蒸らすことで、うま味や香りを余すところなく楽しめます。

【2】2分間で抽出。早くドリップするとあっさりしたコーヒーに

香りが薄くなりがちで、豆がしっかりとお湯を受け止める前に落ち切ってしまうので、抽出後のコーヒーアロマも少し弱め。

【3】3分間で抽出。ゆっくりドリップするとコクのあるコーヒーに

味わいは深めに出る傾向があります。甘みなども感じやすいですが、時間が長くなればなるほど雑味も出やすいので注意が必要です。

【4】おすすめのドリップポット

最近では、温度制御機能の付いたポットなども登場しているので、今回説明している「はかる」ポイントを簡単に実行できます。「Bestaid」の電気ケトル(1リットル)は5000円以下で見た目もスタイリッシュです。

また、老舗メーカー、ハリオのポットはサイズもたくさんあり、女性でも持ちやすい規格かつ、スタンダードな形のものが多く扱われています。また初心者でも扱いやすい「タカヒロ」の超極細口ポットもオススメです。

コーヒーのドリップセット

7)美味しいコーヒーをより楽しむために

【1】コーヒーカップやポットを温めておく

ドリップの際に「一呼吸置いた」お湯を使うため、冷えたカップに抽出したものを注ぐとそれだけ温度が下がります。そうなると、コーヒーを飲むときに「少しぬるい」印象を与えてしまいます。ちょっとしたことですが、せっかく淹れたコーヒーを最良の状態で楽しむにはとても大切なポイントです。

【2】微粉をふるいでふるっておく

コーヒー豆を挽く段階で粒子が不揃いになると、設定した粒度の異なる「微粉」が含まれることがあります。そのままドリップをしてしまうと、コーヒーの濃度にムラが出来ますし、濁りの原因や雑味も出やすくなってしまうので、注意が必要です。

【3】お気に入りの焙煎度合や、銘柄を探そう

「美味しいコーヒー」とは何か。たくさんの道具、長い歴史、コーヒーの世界は奥深く、そして日々進化しています。なぜこの飲み物はこんなにも愛されるのか。それはコーヒーが「し好品」であるからではないでしょうか。

「自分好み」を見つける楽しみ、様々な銘柄の環境的な背景や、性質に合った焙煎度合い、挽き具合について研究すること。

色々な店をめぐり、店員さんに好みを伝えて情報を収集し、試行錯誤を繰り返す。そんな積み重ねの先に、あなただけの「美味しいコーヒーを淹れる方法」がきっと見つかるはずです。

8)Q&Aコーナー 「美味しくコーヒーを淹れる」為に特に質問が多い項目

【1】毎回同じ味にするには?

メジャースプーンを活用しましょう。「マイ・メジャースプーン」を決めておいて、常に適量を計るクセをつけると「自分の基本」が分かってきます。コーヒーの味には、日ごと様々な変化がダイレクトに出てきます。まとめのポイントを意識して、常に「好み」の味に近づけるべく抽出時間や温度の管理を意識してみましょう。

【2】挽いた豆ではダメなの?

コーヒー豆を挽いてそのまま置いてしまうと、湿気を吸ったうえに、二酸化炭素が出て行ってしまうので、「美味しいコーヒー」に重点をしぼった場合、蒸らしの工程があまり意味を持たず、そればかりか雑味の多いものになってしまいます。ダメ、という訳ではありませんが、挽いた豆で淹れたコーヒーが美味しいと感じられないときは、このまとめにあるポイントをチェックして、試してみてください。

【3】二人分入れたいときは?

ペーパードリップの場合は指定の人数、またはそれに近い人数を含むサイズのドリッパーを用意してください。ペーパーも同じサイズのものを揃えましょう。例えば、少人数のコーヒーを大きなドリッパーで淹れようとすると、粉がペーパーの3分の1程度しか満たさないので、お湯が紙の端を伝ってそのままポットに出て行ってしまうのです。

【4】ドリップポットのおすすめは?

たくさんの種類が販売されています。ポットを持ち上げて傾けるは意外と力が要ります。初心者や女性には、細口で傾けるために力を使う必要のない形のものを選ぶのが良いでしょう。

【5】手挽きミルと電動ミル、どう違うの?

「手挽き」と「電動」ではカッターを回す動力が違います。手でハンドルを回す手挽きでは、摩擦熱はほぼ起きませんが、電動に比べると時間もかかります。何より、かなり固いコーヒ豆を人数分すり潰すと、手のひらも痺れるくらいの手ごたえがあります。シチュエーションに適した挽き方をすると良いでしょう。

【6】ドリップすると飲むときの温度が低い?

沸騰したお湯ではなく「一呼吸置いた」ものを使うのが、ドリップのコツの1つだとお伝えしましたが、これによってまだ熱々の状態のコーヒーでも、それをカップに移すときにはどうしても温度が下がります。トータルで下がっていく温度を考え、あらかじめカップなどの茶器は温めておきましょう。

【7】豆の種類が多くて迷ってしまう時は?

最近のコーヒーショップは、カフェのスタイルに加えて、コーヒーロースターと呼ばれるスタイルが増えてきています。コーヒーロースターは、その名の通り、独自で焙煎している場合が多く、コーヒー豆に対する深い知識を持っているお店がほとんどです。そこで働くスタッフさんはコーヒー豆について詳しいので、ご自身のお好みを伝え、風味や、銘柄、またはブレンドを選んで貰うと良いでしょう。また、店舗によっては試飲出来ることもありますので、お好みのコーヒー豆を探してみましょう。